So-net無料ブログ作成

4度目でも、三三師匠。10/10「柳家三三独演会」 [落語会のお知らせ]

SCN_0004.jpgシネマディクト寄席で、2007年の第3回が「初会」、翌2008年に「裏」を返して、2009年に「なじみ」となってくださった柳家三三師匠。

今年10月10日(日)、4度目のディクト寄席となります。ありがとうございます!

◆第17回シネマディクト寄席「柳家三三独演会」

と き:2010年10月10日(日) 18:30開演(18:00開場)

ところ:シネマディクト・ルージュ

入場料:前売り2500円(当日3000円)、全席自由 ※発売中

チラシには、「20101010日の開催なので、三三師匠には『』のつく噺を口演していただきます」と刷り込まれています。

」のつく噺。何を演じてくださいますかね? 三三師匠ご自身は、かつてディクト寄席で「三枚起請」はおやりになってますから…「三人旅」とか「三人息子」とか「三方一両損」とか? 東大落語会編の「増補 落語事典」をひもときますと、三のつく噺というのは結構たくさんあって、ワクワクしちゃいます[るんるん]

「10」が並ぶ日ですから、「十」のつく噺もありなのかなぁ~と思ったのですが、落語事典を見てみると、意外にも十がつく噺って、ほとんどないのです。さすが、席亭の長谷川竜彦さん、そのへん分かってらっしゃる?!

どんな高座になるのか、今から楽しみ。みなさま、ぜひお運びくださいませ!


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年も一琴さん! 9/12「柳家一琴落語会」 [落語会のお知らせ]

SCN_0001.jpg今年も、柳家一琴師匠が青森にやって来ます!

◆柳家一琴落語会

と き:2010年9月12日(日) 14:00~

ところ:青森市 諏訪神社参集殿

チケット:大人2,000円、子供800円、親子2,300円

問い合わせ、チケット取り扱い場所

        青森演劇鑑賞協会(017-722-7944)

        あおもり子ども劇場(017-765-0545)

入場チケットは、前売り、当日ともに同じお値段だそうです。神社が会場なんて、雰囲気出そうですね~!

お茶子が初めて一琴師匠の高座を聴いたのは、2年前にあおもり子ども劇場の主催で青森市新町で開かれた「おやこDE落語」。小さな部屋に、小さな窓しかなく、大勢のこどもたちに紛れて聴いて。…あの部屋だけ“猛暑”でした[あせあせ(飛び散る汗)] 冗談でなく、気が遠くなりました(+_+)

確かあの夏は、一琴師匠の奥様が北海道出身で、師匠自身は自家用車で奥様の実家を目指して北上しながら、各地で落語会を開いている…と聞きました。

師匠のブログ(http://www7a.biglobe.ne.jp/~ikkin/)をのぞいてみますと、この夏も師匠は8月18日に自家用車で旅に出て、道の駅で車中泊したり、ネットカフェに泊まったり(もちろん普通にホテルに泊まる日も)。その間、本県も八戸や、南郷や、十和田や、そのほか東北圏内を行きつ戻りつしながら、あちこちで落語会を開いているモヨウ。これは、師匠の夏の「ロード」なんですね! 本日・30日は、どうやら十和田にいらっしゃるようです。

ところで、 おととしの一琴師匠は、確かにチラシの写真の方でしたが、昨年の一琴師匠は、3分の2ぐらいに痩せて、一瞬「…だれ?」と思ったほど。今年は果たして、どんなお姿で現れるのか…?


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

応援したい、9/5「ほのぼの寄席」 [落語会のお知らせ]

SCN_0002.jpg 9月5日(日)14:30から、青森市のアップルパレス青森で、「チャリティー ほのぼの寄席」が開かれます。

出演するのは、本県にご縁がある方ばかり。

まずは、青森市出身で5代目三遊亭円楽に入門、2007年に真打ちに昇進した三遊亭神楽師匠。お茶子もかつて、取材でお世話になったことがあります。とにかくねぶた好きの師匠、出囃子も「ねぶた囃子」[るんるん]

さらに、お茶子も知らなかった?本県出身のマジシャン・ダミーさん。とうおくにっぽうの過去の記事をひもときますと、むつ市大湊出身だそうな。

そして注目したいのは、華円亭寛太さん(はなまるていかんた、本名・三浦寛之さん)です。

寛太さんは1987年生まれ。慢性腎不全のため、中学から青森若葉養護学校に通学しました。高等部3年のとき、担任の先生の勧めで、文化祭で落語を披露。それをきっかけに、落語の面白さ、そして聴く者の心を明るくする落語の“力”に惹かれ、落語にのめりこんだそうです。(以上、チラシの案内文より引用)

寛太さんは、シネマディクト寄席の常連客でもあり、熱心に通ってくる姿を、お茶子も見かけていました。柳家喬太郎師匠のファンだと、伝え聞いたことがあります。

独学で落語に挑戦していた寛太さんを、いま、手助けし、落語を指導しているのが、神楽師匠です。昨年12月末、神楽師匠が青森市内の老人ホームで落語会をした折、「神楽落語塾受講生」として、寛太さんも高座にあがり、「初天神」を披露したのだそう。

約8カ月ぶりの“師弟”共演。寛太さんは、今回はどんなネタを聴かせてくれるのでしょうか。楽しみです。

「チャリティー ほのぼの寄席」は、チケット前売り2000円(当日2500円)。青森演劇鑑賞協会をはじめ、市内各プレイガイドで取り扱い中。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「メルヘンもう半分」♪ [お茶子のつぶやき。]

なぜにこんなに暑いのでしょうか…。

8月もすでに終盤。1週間ほど前には、昼間は猛暑でも、夜は気温がぐっと下がってくるのを実感し、窓を開けていると肌寒さを感じるぐらいで、「なんだかんだ言っても、もう秋が近づいてるなぁ…」などと思っていたのに、ここ数日、昼はもちろん暑いし、夜も熱帯夜のような状況がぶり返しています。

お茶子は夕べ、仕事でお世話になった方の定年退職の送別会だったのですが、こんなどうしようもない暑さの折に、「炉端焼」の店をチョイスした幹事を、心の中で呪いました。

20人ぐらいの宴会で、真っ赤に炭のおこった七輪を目の前に10個近く並べられてみなせぇ。叫びだしたくなります。

1次会が終わり、21時ごろ店の外に出たら、外気温は28度。外も中も暑いって…

[もうやだ~(悲しい顔)] [もうやだ~(悲しい顔)] [もうやだ~(悲しい顔)] [もうやだ~(悲しい顔)] [もうやだ~(悲しい顔)]

夏と言えば、怪談噺。いつものような夏であれば、噺を楽しむ余裕があり、「ゾクッ!」「ヒヤッ!」とした気分を味わえるものの、こう並はずれて暑くては、稲川淳二の恐怖体験ですら、効き目がないんじゃ…と思うくらい。話に熱中できなくて、気持ちの方が冷めてたり。

こんなとき、ぜひお茶子がおススメしたいのは、三遊亭白鳥師匠の新作落語「メルヘンもう半分」

「もう半分」と言えば、因果応報、おなじみの怪談調。五街道雲助師匠の「…もう、半分!」っていうオチはゾゾッ…とコワイですね。

橋のたもとで、小さな飲み屋を営み、生計をたてている夫婦。ときどき訪れる爺さんは、「同じ量でも、楽しみが増えるような気がして」と、いつも器に半分ずつ酒をもらいたがる。ある日、爺さんが、店に包みを忘れて帰ったのが事件の発端で…っていうのが、もともとの噺ですが、

三遊亭白鳥師匠の「メルヘンもう半分」は、この小さな飲み屋に、ある日、ムーミンが(ムーミンだよ!)訪ねてくるのです。実は、飲み屋の夫婦は、かつてメルヘンの国を逃げ出したスナフキンとミイだった…

…噺が終わったころには、あまりの展開に、暑さを忘れて「…ぽか~ん…」とできること間違いなし[exclamation×2](笑)

お茶子はこの噺、落語音源サイト(有料)「落語の蔵」で入手しました。「怖いもの見たさ」の勇気がある方は、ぜひどうぞ[揺れるハート]

「落語の蔵どっとこむ」→http://www.rakugonokura.com/


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

江戸っ子的には、あり得ない! [お茶子のつぶやき。]

お盆初日。

金曜日ではありましたけど、会社の人も半分ぐらい休み、取引先もほぼ休み…で、朝からのんびりモードだった会長とお茶子(なんたって、同じ部署なもので…)。

やや遅めの昼食を一緒にとることにし、会社近くの回転寿司「清次郎」に出かけました。

蕎麦と並んで、寿司の食べ方にはうるさい“自称江戸っ子”会長との食事。しかし、お茶子は実はこの日、心に決めていたことが。

定石どおり「しめさば」から始め、「鰯」「甘エビ」などと続いたものの…

とろサーモン.jpg

ど~ん! 会長のNGネタ「サーモン」を注文! 

江戸っ子としては、このオレンジ色が、寿司ネタとしてありえないそうです。 でも、とろーって美味しかったっす!

そして~、

嶽きみバター.jpg

どど~ん! さらに会長的“チャラいネタ”、「嶽きみバター」!

回転寿司でなくてはお目にかかれないネタですよね~。ネタとシャリの間には、わさびではなく、バターが塗ってありまして。

食べ物としてはわりとイケるかもと思いましたが、これはもはや、寿司ではないですね~(笑)。

そして、締めは、ソフトクリームで[黒ハート] 回転寿司ならではの面白さ、会長のNGネタに次々と挑んでみたお茶子です。

「江戸っ子の食いもんじゃないな…」と言いつつも、会長は苦笑いで済ませてくださいました。さすがに、嶽きみバターの時は、ロコツに嫌そうでしたが。

会長、あの日は「13日の金曜日」だったと思って、諦めて…いや、お許しくださいませ^_^;


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。